は帰れない

時間のホイール、大きな時代のすべて、ごうごうから走ってきた。すべて、すべて帰れない。一生、突然登場するのは、傍若無人な生きて、運を天に任せる。 しかし、文学断りきれない寂しさ。文学韓國人蔘史の回廊の中で、いつ先染めない浮世焦のぼせの風景を、あのときの遠い昔の上海の繁華な魅力、それは臨水は写真花切ない昔人。総覚えている人、 あなたの「花しおれ」に書いて:笑って、全世界はあなたと一緒に笑って…

続きを読む