愛のある場所

広州からは夫の家は、夫の郷は、ここに満ちた夫と舅と姑の配慮と愛護ので、最終的に私もトイレの故郷。

夢の中で家の山はこのように願景村して、象の火酒、甘冽、刺激、ホット、香ばしいアルコール、描いている昔のフレームは起伏して、淺いほど酔っているなれあう酔い、夢の中で家の山も一年一度の花事、展捻数名の香りが凝集して、何を拭いて欢爱ぬぐっ袖の身にして、後は深い夢の記憶に匿い、夢の中で山のような家は一つが立ちこめる煙漂うソフトの緑茶、苦く、ふくよか、暖かい、閑散としていて、考え事の流若死に、遣疲れ時のささやき。

一コマ素紙屋陈着、任我春願景村 から夏にかけて、夏から秋、描描絵、硯淺墨清韵、任から児童少年少女から婦人、止まって考えてみて、描き出して夢の中で家の旖旎风光山。往々に乡关念やニュース、身内、歓楽、愛、涙がと音が围簇丁寧体前。そのずっしり重い過去をささげ持って、幾多の感懐が涙を衣。時計がカチカチの時、日、私を持っていった大切な人、花に風に殘した数年、月、シルエットで家の山、別の夢、ふたたび往事と飛び落、謝落成一曲曲离歌。

窓の外は灰色かすみ斜invision group 洗腦风细雨吹かれてきた。秋には、昔の事が全て成梦。私が思うに、歳月がゆっくりと淡家に山の影、そしてその忘れ舎の情。

落款の季節には、私の黙々としてのは信じて、このすばらしい絵を筆に染まって、必ずまた水墨のリズム、羽化して紙の懸念する詩と香を描きながら、昔朝暮、家族の笑顔、故郷の美しい景色。私だけを必要とし散人介、濁り一杯お酒を想い、花間、誘って着席する。

注釈:天津の南京路は布団で昔の墙子川。

墙子川は条は、人工の川で、清咸豊十年(1860年)、清城を守る能力を増加天津、英仏侵略軍の攻撃を防ぐ。城の建設、天津で城の週囲に堀の間を掘る。に建てた18キロ塀の通称「墙子」に形成されたものを「墙子川川」。平和の区間の墙子川繁華街を横切って。交通は便利で、当時墙子川橋がかかって16。中でも10座は堅牢で立派なコンクリート橋、6座は木造橋。

でもこの道を墙子も阻止できなかった、帝国主義列強おおかみの侵入。租界時期墙子河の北の南京路日仏英徳四国列強に占領され。

この記事へのコメント